浄化槽・排水処理施設・下水道施設のメンテナンスの各種ニーズにお応えします。
       
会社概要 採用情報 お問い合わせ  
ホームへ戻る いまの汚水処理状況 水処理施設のメンテナンス よくあるご質問 品質への取り組み
浄化槽のメンテナンス

浄化槽の管理者(戸建住宅の場合通常、住民の方が浄化槽管理者になります。)には、保守点検・ 清掃・法定検査が浄化槽法で義務づけられています。

保守点検
いつも浄化槽の機能が発揮されるよう、槽内の機器、送風機やタイマーなどの点検調査をおこないます。
また、消毒剤を定期的に補充し、放流先が不衛生にならないようにするのも重要な作業です。
この作業は、茨城県に登録されている浄化槽保守点検業者に委託して下さい。
保守点検回数は法令で定められていますが、状況によりますのでご相談下さい。
 
清掃
槽内にたまった汚泥などを抜き取るのが清掃です。これを定期的に実施しないと、 せっかく貯まった汚泥が処理水に混じって流出してしまいます。
この作業は、市町村長の許可を受けた浄化槽清掃業者に委託して下さい。
清掃回数は基本的に毎年1回実施して下さい。
 
法定検査
浄化槽の設置者又は管理者は、設置状況又は管理状況について、次の法定検査を受けることが 義務づけられています。

設置後の水質検査(法第7条)
工事が適正におこなわれ、所期の性能が発揮されているかどうかを一定期間内に検査します。

定期検査(法第11条)
保守点検及び清掃が適正におこなわれ、継続して所期の性能が発揮されているかを毎年1回検査します。
 



使用上の注意事項(家庭でのメンテナンス)
浄化槽は日常の管理も大事です。使用者は日常の使用にあたって、次のような点を注意してください。

ページトップへ▲

Copyright © 2006 WIZARD co.Ltd. All Rights Reserved.